Powered by RSSリスティング

夏休みに我が家に遊びに来ていた当時小6だった従妹に布団の中でフェラしてもらったエロ体験談

俺が高校1年生だった夏休みに従妹の小学6年生の従妹が1人で泊まりに来た。

ちっちゃいときから彼女の面倒を見ていた俺に彼女は良くなついていて、
家に来るなり俺に部屋に来て、小学生の恋愛事情とか世間話なんかをしたり
テレビを見たりゲームをしたりなんかして、深夜まで遊んでいた。
テレビをつけっぱなしで夢中で話をしていると、たまたま深夜のエッチな番組
が始まって2人とも興味津々で見ていると、いきなり彼女がシャツを脱ぎだした。

俺は一瞬訳が分からなくて怯んだんだが、机に引き出しに使う予定のなかった
コンドームを取り出すと、何故か勃起していた俺のチンコに装着して見せた。

彼女は俺のチンコをツンツンしながら「これってコンドーム?」と聞いてきた。

そうだよと俺は頷くと彼女に顔を近づけるとそのままキスをした。

3本の指でもめるくらいの大きさには成長していた胸に付けていたジュニアブラ
を外すと、そのままの勢いでパンツも脱がしてやった。

少し合わない間にすっかり成長していた彼女の胸をペロリと舐めると、
くすぐったそうにしていたが、お構いなしに舐めまくってやった。

あそこにをグリグリと刺激して少し指先を入れてみるともう既にぐちゅぐちゅに濡れていた。

胸をナメていた時とは雰囲気が変わって何というかホントに気持ちよさそうだった。

俺は意味もなく装着していたコンドームを外しフェラして欲しいと頼むと、
恥ずかしがった彼女は布団にくるまってこっちから見えないようにやってくれた。

実は今まで従妹とは何回かエッチをしたことがあったのだが、
焦っていたというか、なんせがむしゃらだったから気付くことはなかったが、
今回は彼女の膣の暖かさやこすれ合う感覚をしっかりと感じることができた。

彼女も同じように感じているようで急に締まりがきつくなったと思ったら、
身体を小刻みに震わせてイッているようだった。

俺はこの時初めて女がイク瞬間を知った。

奥まで入れても大丈夫だったから今度は騎乗位に挑戦してみると、
俺は亀頭の先にコリっとした感覚を感じた。

それが気持ち良くて何度も繰り返していると、従妹が結構な声を出しながら
感じていたから俺は凄く焦って従妹の脱いだパンツを口に咥えさせた。

こりこりと当たる感覚がすごく気持ち良かった俺は、クセになって夢中でコリコリと
騎乗位を続けていたら、急にイキそうになった。

射精するときの快感が今までにないくらい気持ち良すぎてビビった。
彼女も相当気持ち良かったらしくそのまま横になってぐったりと倒れこんだ。