高2の時中2だった妹がコタツで寝ていたから我慢できなくてイタズラしまくった体験談 | こむすめカフェ
Powered by RSSリスティング

高2の時中2だった妹がコタツで寝ていたから我慢できなくてイタズラしまくった体験談

俺が高2で妹が中3の冬の話。

俺は当時付き合ってた彼女に振られて、やけくそで勉強に精を出していた。

別れた彼女とは最後までエッチはできてなくて、軽めのBまでだった。
コタツで勉強していた俺はそのまま眠ってしまって、目が覚めたのは深夜。

家族はすっかり寝静まっていて真っ暗な部屋の中で寝苦しさに目が覚め
じたばたしていると足が暖かいに当たった感触がした。

コタツ布団をめくって覗き込んでみると、ぼんやりとしたコタツの明かりに照らされた
お尻がこちらに向いていた。そして俺の足の指が股間の部分に食い込んでいる。

どうやら妹もコタツで寝ていたようだ。

俺は少しびっくりしたがコタツのうっすらと赤い光に照らし出された、妹の柔らかそうな
太ももやお尻の肉感、さらには足の指が当たっている部分が少しヌルヌルしている感じが
して、男性が最も性欲が強いであろう時期だった俺は恥ずかしながら妹に対して性欲が
抑えられない状態になっていた。

思わず俺は足の指をゆっくりと動かし、指先で妹の秘部の形を味わおうとしていたのです。

それまで付き合っていた彼女の性器も一瞬だけ触ったことはあったのですが、
その時点で強く拒絶されていてしっかりと味わったことはなかったのです。

もちろん見たことなどあるわけもなく、その時は妹という事も忘れてみたいという欲望に
支配されてしまい、少しだけでもいいから見てから自分の部屋に行ってシコろうと思い、
頭からコタツの中に入っていきお尻の横に陣取りました。

伊東とを起こさないよう細心の注意を払いながら、ゆっくりと指で下着を引っ張りながら
横にずらしていく。

わずかな隙間から初めてみた女性の陰毛に衝撃を受けながらも、そのまま下着をずらして
いくと・・・目の前にコタツの光で照らされたワレメを今でも忘れられません。

目の前に女性器を見てしまった俺は理性が吹っ飛び、ワレメを指ゆっくりとでなぞって
みたり、妹の入り口を開いてみたり弄りまくっていました。

ワレメを開くとサーモンピンクの粘膜が見え、その粘膜を覆うようにヌルヌルねばねば
した液体が糸を引いていました。

時々妹のカラダがピクンと動く度に「ひょっとして起きたのか?」と息を殺し指を止め、
また少しすると指を動かし始めるという事を繰り返していました。

妹が身体をピクリと動かすことは何回もあったので、これは起きたのでは?という
恐怖心と女体に関して全くの無知だったので、ワレメから大量のヌルヌルが溢れ出し
てきたときにあh、これは俺が弄ったから大変な事が起きたのではという恐怖心も
あった。

さらに、もう我慢の限界が近づいていた俺は自分の股間に何かしたいという気持ちで、
今度は寝ている妹の横に座って右手で妹の割れ目を弄りながら、左手で自分のモノを
掴んで扱くというステップに移りました。

この時に不思議な現象に出会いました。

妹のカラダがピクンと震える回数が多くなったっていうのと、コタツに入っていた時には
気付かなかった妹のハアハアという、乱れた吐息を耳にしたのです。

が、俺はすでに手の中に大量に出していて、そのまま手を洗って自分の部屋に帰れば
よかったんですが、少し温まってから戻ろうとコタツで暖を取ることにしました。

一度思い切り発射して余裕が出てきた俺は、妹に慈しみの気持ちが生まれて、柔らかい
お尻を慈しみながら撫でたり、ブラを付けていない胸のふくらみをそっと突っついたり、
軽くもんだりしていました。

そこで妹の反応を見た俺は妹が最初から起きていたことに気付いたのです。

しばらく撫でまわしていたら、ハアハアと熱い吐息が激しくなってきて、
妹は気持ち良くなっていたのだと。

俺は気が付くとギンギンに勃起したものを妹の顔の前に持っていき、DVDなどで見た行為を
強要しました。

ところが、妹の唇の先端に当たった時に強く拒絶して顔をそらしました。

俺は妹の手を取り無理やり握らせるとその手はギュッと固く握ったままでした。
握らせたまま俺はまたワレメに指を押し当てて、動きを加速させました。

また固くなってきた俺は、拒絶して向こうを向いた妹の背後に添い寝する形で横になり
胸とワレメを交互にまさぐりながら、ギンギンになったものを妹の秘部に当てて
中に入れようとすると、妹はそれを拒絶するように腰を激しく動かしました。

ですが、極端にボルテージが上がっていた俺は勃起したものであそこの入り口を擦り付けて、
これは粘膜に当てて擦っているだけ、つまりはスマタだよ、と安心感を与える動作をしました。

その状態でずっと動かし続けていると、今度は妹が頭を上下左右にゆらゆらと激しく動かす
という、新たな動きを始めました。

それからぐったりと全身の力が抜けたようになってました。

それまでは勃起したものをワレメに沿って前後に擦り、そしてワレメに先端を当てるだけで
何もせず、また前後に擦るという動作を繰り返して騙しながら安心感を与えていたのですが、
最後に先端を当てるだけと言う動作をする時、妹の入り口に当てたままで妹の腰を左手で
掴んで一気にねじ伏せるように押し込んで挿入しました。

一瞬腰をねじるような抵抗は見せたものの、
突然の事で力の抜けた妹の身体ではそれ以上抵抗することはできませんでした。

散々安心させた妹に一気に力づくで押し込んだので、完全に根本まで入ってしまいました。

妹はうううううと痛みと何かを押し殺したような声を出して体を固まらせていましたが、
これで2人の身体は完全に1つになりました。

俺は左手で妹の腰をこちらに引き寄せるような感じで下半身を突き出して、
妹の中に完全にねじ込ませました。

コタツで狭かったのもあって動かす余裕もなく、左手を胸の方に移動して揉み始めた瞬間
何とそのまま中に放出してしまいました。

幸い妊娠することはなかったのですが、それから数カ月はまともに顔を合わせる事も出来ず
、お互いにリビングなどで会わないようにしていました。