Powered by RSSリスティング

ムクムクと持ち上がってきた欲情が抑えきれずに姪っ子の処女を奪ってしまったエロ体験談

結構前の話になるが、あれは確か俺が中学1年生だった時。

小4の姪っ子が珍しく2連泊しに来た時があった。

事前に連絡があったわけでもなくて、急な事だったので布団も準備してなくて、
誰かと一緒に寝るという状況になった。

姪っ子とは小さいときから一緒に遊んだりして、俺にとても懐いていたので、
俺と一緒に寝たいと言い、そうなった。
小4ともなると結構女っぽくなっていたので、俺はムラムラきてしまい中々寝付けずにいた。
そんな俺の事などお構いなしに、姪っ子はとっくに寝ていたので俺は姪っ子の小さな手を
股間に持ってくると俺のムスコをシコシコさせた。

そして、背徳感にゾクゾクしていると急速に高まってきた俺はそのまま姪っ子の服に
ぶっかけた。

これにはさすがに姪っ子も目を覚ました。

姪っ子は何をされたか分かっていいないようで、俺は家族に気付かれないように静かに
姪っ子を連れて外に出た。

そのまま俺は姪っ子を連れて近くの公園にある公衆トイレの個室に入った。

最初は手で擦らせてからパイズリの真似事の様な事をして、顔にぶっかけた。
姪っ子は寝ぼけているのか、そんな状況にも驚いていない様子だった。

まだヤリ足りなかった俺は姪っ子を便座に座らせ、脚を広げるとクンニをした。
舌をワレメに押し込むと、どうやら痛かったらしく泣き始めた。

泣き叫ばれると厄介なので俺は姪っ子の口をふさぎながら無理やり挿入した。

小4の中は凄くキツキツで挿入した瞬間そのまま俺は中に出してしまった。

しかし、若かった俺のムスコはまだまだ元気だったので、出した後もそのまま動かし続けた。
姪っ子もそろそろ慣れてきたようで、泣いたり叫んだりしなくなった。

結局俺はその日だけで4回も出した。
トイレットペーパーで身体を拭いて家に帰ると服を着替えさせた。

そして何事もなかったかのようにそのまま並んで寝た。

翌朝起きてみると、姪っ子は昨晩の事は何も覚えていない様子だった。
その後、結局そのことに触れることはなく今でも仲がいいままです。